「赤坂Bizタワー」にマキシム・ド・パリなど進出

印刷

   三井不動産は、赤坂TBS再開発エリア「akasaka Sacas(赤坂サカス)」内のオフィス・商業棟「赤坂Bizタワー」に出店する46店舗を決定、名称を「赤坂Bizタワー SHOPS&DINING」とすると、2007年12月7日に発表した。赤坂サカスは、赤坂Bizタワー(地上39階、地下3階建て)をランドマークとする、赤坂BLITZと赤坂ACTシアターなどの劇場やTBSギャラリーの文化施設棟、133戸の賃貸住宅棟からなる、職・住・遊の機能を有す複合エリアで、08年3月20日のグランドオープンをめざしている。

   「赤坂Bizタワー SHOPS&DINING」には、フランス料理のマキシム・ド・パリ、日本初進出の高級ベーカリー、ル・ブーランジェ・ドミニク・サブロン、中華料理の赤坂離宮、タイ料理のジムトンプソンズテーブル、ベルギービールのデリリウムカフェ、しゃぶしゃぶのざくろ、カレーショップ・トップス、赤坂が発祥のケーキショップ・トップスなど世界の「味」が楽しめる飲食店や、メンズ雑貨のコンプリート・ワークス・トウキョウやリフレクソロジーのBadan Baruなどが入居する。オープンは、赤坂サカスに先がけた08年3月6日。

三井不動産、「akasaka Sacas(赤坂サカス)」北側から
三井不動産、「akasaka Sacas(赤坂サカス)」北側から
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中