人との生活に一歩近づいた?「ASIMO」の共同作業機能を開発 ホンダ

印刷
ホンダはASIMOが協調して行動する知能化技術を開発した(写真は2体で協調してお茶を出すASIMO)
ホンダはASIMOが協調して行動する知能化技術を開発した(写真は2体で協調してお茶を出すASIMO)

   ホンダは2007年12月11日、複数のASIMOが状況に応じて協調して自律的に行動する知能化技術を開発したと発表した。

    ネットワークに接続した複数のASIMOが求められた作業に応じて最適な行動を計算し最も効率的に作業する「共同作業機能」を開発。他のASIMOの状況をモニタリングすることで、互いに協調して連続的に稼動する。また、他のASIMOや人とすれ違う機能、バッテリー残量が少なくなると空いている充電ステーションを探し自動的に充電する機能なども実現した。さらに、トレイやワゴンの運搬作業などの知能化技術も備えている。

    複数のASIMOで共同作業ができるようになるほか、サービスの連続性が高まるなど人間との共存環境下での運用に一歩近づいたという。2007年12月12日から、2008年1月31日まで平日午後3時から5時まで同社青山本社ビル2階ロビーで案内やお茶出しなどの試験運用を行う予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中