「おこげ」もできる11万円の炊飯器 松下電器

印刷
松下電器産業が発売するスチームIHジャー炊飯器
松下電器産業が発売するスチームIHジャー炊飯器

   松下電器産業は、「大火力かまど釜」を搭載したスチームIHジャー炊飯器を2008年2月1日に発売する。「大火力かまど釜」は、金属層の外側に、高い断熱性をもつ2種類の中空セラミックスを密着させ、金属層が発熱した大火力(熱)を放熱させず釜の中に閉じ込めるというもの。

   金属層全面を均一に発熱させる構造を採用するなどしたことで、炊き上げ時の釜内の熱量を高め、ふっくらとしたごはんが炊き上がるという。さらに、釜底温度約180度の大火力炊き上げと高温均一加熱で、釜底全面に香ばしい「おこげごはん」ができると同社はアピールしている。

   市場想定価格は、標準タイプ「SR-SV101」が11万円前後、大容量タイプ「SR-SV181」が11万5000円前後。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中