2018年 7月 18日 (水)

最先端ロボット技術と歴史を紹介 国立科学博物館

印刷

   国立科学博物館読売新聞社日本テレビ放送網 が主催する企画展「大ロボット博~からくりからアニメ、最新ロボットまで~」が、東京・上野の 国立科学博物館で開催されている。2008年1月27日まで。

   日本の伝統的な「からくり」をはじめ、2足歩行ロボットや世界最高水準にある日本の産業用ロボットのほか、「鉄腕アトム」や「機動戦士ガンダム」など、漫画やアニメに描かれた未来のロボットたちを展示し、ロボット技術の科学史を辿りながら観ることができる。最先端の制御装置による「自動演奏ピアノ」や「ロボットショー」も見もの。

   開館時間は、9時から17時(金曜は20時まで)。休館日は、毎週月曜日(ただし12月24日、1月14日は開館)。年末年始は、12月28日~1月1日と1月15日が休み。料金は、一般・大学生が1400円、小・中・高校生600円。 未就学児は無料。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中