2018年 7月 21日 (土)

寝室へのドアをなくした賃貸マンション アスコット

印刷

   マンションの分譲・賃貸を手がけるアスコットは2007年12月17日、あえて寝室へのドアをなくして、リビングへの動線をシームレスした賃貸マンション「OZIO勝どき」を竣工した、と発表した。

    ターゲットとする20歳代~30歳代は、それぞれに個室が与えられ、壁で仕切られた家で育った「個室世代」。賃貸マンションの多くは一般にリビングと寝室を分けた1LDKタイプか、ワンルームだが、この物件は、ドアをなくし、パーテーションのような役割をもたせた壁面を施した「シームレス・スタイル」にした。ワンルームと違って寝室への視線が守られることや、窓面を大きく設けることができるため、採光が豊かで、開放感がある。

>    総戸数は43戸。広さは40.62平方メートル~53.68平方メートル。都営大江戸線・勝どき駅徒歩約1分。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中