変遷する日本の写真展 東京都写真美術館

印刷

   東京都写真美術館(東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内)は、企画展「土田ヒロミのニッポン」を開催している。08年2月20日まで。

   1960年代終わりから本格的な活動を開始した写真家・土田ヒロミ氏は、ユニークな表現を通じ、日本の土俗的な文化、ヒロシマ、高度経済成長、バブル経済など変遷する日本の姿を撮り続けている。同美術館がコレクションする同氏の作品に加え、最新作を含めた140点を一挙に公開する。

   開館時間は、10時~18時(木、金は20時まで)。07年12月28日(金)が10時~18時。08年1月2日~4日が11時~18時。休館日は毎週月曜日(休館日が祝日または振り替え休日の場合、その翌日)。年末年始は、12月29日~1月1日まで休館。料金は、一般500円、学生400円、中高生・65歳以上250円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中