2018年 7月 19日 (木)

和の暮らしを楽しむ3つのスタイル イノスグループ

印刷
イノスグループ「和三景」外観
イノスグループ「和三景」外観
イノスグループ「和三景」内装
イノスグループ「和三景」内装

   住友林業が資材供給や技術支援を行う、全国309の建設会社からなるイノスグループは、和の暮らしを楽しむ3つのスタイルを提案する「和三景」(わさんけい)を、2007年12月20日から発売した。イノスグループ・ブランドの確立を目的に、「イノスの家」の和風住宅として開発した。

    外観を、伝統的な落ち着きのある「憧景」とモダン和風、現代和風の趣の「望景」、和の未来を予感させるスタイリッシュ和風の「来景」の3タイプを提案。たとえば、二間続きの和室や掘りごたつのある茶の間、土間のダイニングといった、楽しく心地よい和の生活提案を盛り込んだ6つの参考プランを用意した。価格は3.3平方メートルあたり47万円台から。販売目標は初年度200棟。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中