2018年 7月 20日 (金)

広島特産「カキ」を麺に練りこんだ「うどん」登場

印刷
なか川「広島牡蠣うどん」
なか川「広島牡蠣うどん」

   広島県大竹市の製麺会社「なか川」は、広島の特産「カキ」をうどん生地に練りこんだ「広島牡蠣(かき)うどん」を2007年12月上旬に発売した。カキをミキサーでつぶしてペースト状にし、小麦粉に混ぜて独特のうまみを出した。

   麺100グラムに対してカキ1個を使用。鍋一つで調理できる半生うどんで、煮るときに使ったお湯をそのまま、だし汁として使うことができる。「煮るとカキのうまみ成分がしみ出て、いいスープになります」(同社)。

   カキはビタミン、マンガン、鉄、銅、ヨードなどのミネラルを豊富に含み、 別名「海のミルク」とも呼ばれている。同社はこれまでもモロヘイヤやウコンを練りこんだユニークな麺を販売してきたが、「広島の特産品を入れて作れないか」という要望に応え、珍しい「牡蠣うどん」の発売にこぎつけた。

   天然だしにこだわった濃縮つゆ付き。2食パックで、420円。なか川の通販ページでネット注文も受け付けている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中