2018年 7月 20日 (金)

親子の新しい暮らし「近居・育孫」を提案 大和ハウス

印刷

   大和ハウス工業は2008年1月2日から、戸建て住宅の新しい暮らしとして、「親世代」と「子世代」が近くに暮らすかたちに着目し、お互いが日常的にサポートしあい交流を楽しめる暮らし方である「近居・育孫」(きんきょ・いくまご)を提案していく。

    戸建て住宅の新築を計画中の人に、日常生活のなかで、より快適で豊かな自分らしい暮らしを感じてもらうための住まいづくりを、年4回をめどに提案していく企画の第1弾。たとえば、ほどよい距離でサポートしあえる「近居」スタイルとして、「自立型近居」と将来の同居を見据えた「住み継ぎ型近居」に分けて、見守って安心な「安心みまもりプランニング」、話しあえて安心な「コミュニケーションデバイス」、暮らしやすくて安心な「フレンドリーデザイン」の3つのポイントを盛り込んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中