2018年 7月 22日 (日)

WRC参戦体制を決定 スズキ

印刷

   スズキは、2008年からFIA世界ラリー選手権(WRC)へ参戦する「スズキ・ワールドラリーチーム」のドライバー及びチームの参戦体制について決定した、と2007年12月27日に発表した。参戦車両は「SX4 WRC」の2台。ドライバーは「トニ・ガルデマイスター(フィンランド)」と「P-G・アンダーソン(スウェーデン)」。 トニ・ガルデマイスターは32歳のベテランドライバーで、2005年にはドライバーズ選手権4位を獲得している。トニのコ・ドライバーは「トミ・トゥオミネン(フィンランド)」となる。P-G・アンダーソンは27歳の若手ドライバー。2007年のジュニアラリー選手権(JRC)で年間タイトルを獲得した。コ・ドライバーは「ヨナス・アンダーソン(スウェーデン)」。 車両は同社「SX4」をベースとしたもので、最高出力を320psまで高めている。

スズキWRC参戦車両「SX4」(左)、ドライバー「トニ・ガルデマイスター(左)、P-G・アンダーソン(右)」(右)
スズキWRC参戦車両「SX4」(左)、ドライバー「トニ・ガルデマイスター(左)、P-G・アンダーソン(右)」(右)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中