2018年 5月 24日 (木)

ハイブリッド搭載モデル導入を発表 ポルシェ

印刷
「パラレル式フルハイブリッドシステム」 ポルシェAG
「パラレル式フルハイブリッドシステム」 ポルシェAG

   ポルシェAGは、2009年デビュー予定のモデル「パナメーラ」にハイブリッドバージョンを導入すると発表した。

    ラゲッジコンパートメント内の「バッテリーユニット」、「パワーエレクトロニクス」、エンジンとトランスミッションの間に配置される「ハイブリッドモジュール(セカンドクラッチならびに電気モーター)」で構成される「パラレル式フルハイブリッドシステム」を搭載する。このシステムは走行条件に応じエンジンと電気モーターを切り替え、さらに2つの駆動システムを連結させてひとつの動力源とすることも可能。

    なお、このシステムは同社の「カイエン ハイブリッド」(2010年までに市販予定)に搭載されるものと共通で、「カイエン ハイブリッド」の開発車両では9リッター/100kmを達成したという。

    「パナメーラ」は、2009年にワールドプレミアを予定しているポルシェの4ドアモデル。内燃機関のみのベースモデルをまずは発売し、その後ハイブリッドモデルを投入する予定だという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中