積水ハウス、東京・品川の「御殿山プロジェクト」の開発コンセプトを発表

印刷

   積水ハウスは2008年1月8日、東京都品川区の「御殿山プロジェクト」(仮称)の開発コンセプト「緑」「街」「人」をつなぐ「邸宅のようなオフィス」の概要を発表した。この地は、江戸時代に徳川家康が設けた品川御殿に由来。古くから知られる高級住宅地の落ち着いた雰囲気と、品川駅、大崎駅から徒歩圏内にある利便性のよい商業・ビジナスエリアの「顔」をもつ。

オフィスや店舗が入居するAブロックは、テナント・オフィスビルとしては基準階の床面積で日本でも最大級となる予定。地上にはグリーンガーデンやコリドール、屋上にも憩いの場となるグリーンテラスを設け、緑と賑わいがあふれる空間をめざす。建物規模は地上9階地下1階。

Bブロックは居住区。周辺環境に配慮した地上3階地下2階建ての低層づくりで、都市生活にジャストフィットするレジデンスとなる。

フロア貸し、一棟貸しなどのさまざまなニーズに対応できる多機能オフィスとなるCブロックは、バルコニーやテラスなど「住まい」を意識したヒューマンスケールのファザードを予定。建物は地上11階建てとなる。総敷地面積は約2万5100平方メートルで、竣工は2011年の予定。

積水ハウス「御殿山プロジェクト」(仮称)
積水ハウス「御殿山プロジェクト」(仮称)
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中