飛び出すネットで不審者の動きを抑える「ネットランチャー」 日本工機

印刷
日本工機「ネットランチャー」
日本工機「ネットランチャーALTypeII」

   銃砲弾を一貫製造する日本工機(東京都港区)は、スイッチを押すだけで瞬時にネットが飛び出して不審者にからみつく防犯器具「ネットランチャーALTypeII」と「同TypeII‐S」を、2008年1月22日から発売する。従来の屋内用だったネットランチャーALをレベルアップし、発射力を高めて屋外でも使えるようにした。

   ネットの発射音を大きくして威嚇効果を高めたほか、ネットのサイズを大きくし、またネットの引っ張り強度を強くして拘束力を高めたのが特徴。価格はカートリッジとグリップ(発射台)込みで「ALTypeII」が3万6750円、交換用カートリッジが1万5750円。「TypeII‐S」が3万8850円、交換用カートリッジが1万7850円。販売先には、自治体や警察、学校、金融機関やコンビニエンスストア、病院などを見込んでおり、初年度の販売目標を3000本とした。なお、個人販売はしない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中