バレンタインは「チョコビール」と特製チョコで乾杯

印刷
サンクトガーレン「チョコビール」
サンクトガーレンの「インペリアルチョコレートスタウト」と辻口博啓氏の特製チョコレート

   神奈川県厚木市の地ビール製造会社サンクトガーレンは、バレンタインシーズンに向けて、同社の「チョコビール」と有名パティシエが手がけた特製チョコレートをセットで販売する。ビールとチョコレートというユニークな組み合わせだ。

   サンクトガーレンのチョコビール「インペリアルチョコレートスタウト」は、同社が06年からバレンタインの時期に限定発売している。「チョコレートモルト」という高温で焙煎した麦芽を使って、カカオのようなほろ苦く香ばしい風味とチョコレートのようなダークな色合いを表現。「味は高カカオのビターチョコレートのイメージに近く、チョコレートとあわせて飲むのにぴったりのビール」という。

   一方、チョコレートは東京・自由が丘の有名フランス菓子店「モンサンクレール」のオーナーシェフ辻口博啓氏が開発した。チョコビールの味わいを引き立たせるため、フルーツやナッツを使わず、シンプルなチョコレートに仕上げたという。

   330ミリリットルのビールとチョコレートのセットは1890円で、2008年1月10日から高島屋横浜店などで予約を受け付け、2月に配送か店頭受渡しをする。ビール単独だと630円で、1月18日から高島屋や丸井ファミリーなどで販売する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中