岡ちゃん、「ミラン監督」にドンペリ贈る 価格5万円と知って「失敗した~」

印刷

   サッカー日本代表の岡田武史監督がイタリアの強豪サッカークラブ・ACミランのアンチェロッティ監督に高級シャンパン「ドンペリニオン」を贈っていたことがわかった。J-CASTニュースに対し岡田監督が語った。岡田監督によれば、「ドンペリ」は自ら買ったものではなく、後で5万2000円もする高価なものであることを知ったようで、「しまったなぁ」と思ったらしい。

世界一は岡ちゃんのドンペリのおかげ?

クラブワールドカップで優勝し、喜びを爆発させるACミランの選手たち
クラブワールドカップで優勝し、喜びを爆発させるACミランの選手たち

   ドンペリは「シャンパンの王様」と呼ばれる高級銘柄で、007シリーズのジェームス・ボンドの大好物としても知られている。安いものでも1~2万円、高いものになると10万円を超えることも珍しくない。“ピンドン”の通称で知られるロゼは特に高く、3~4万円なら安く感じられるほどだ。したがってピンドンならば、5万ぐらいしても全然不思議ではない。

   岡田監督は2007年12月11日、クラブワールドカップで浦和レッズとの対戦を控えて横浜市内の練習場にいたアンチェロッティ監督を訪問。ACミランのチーム練習の前に「ドンペリ」をお土産として贈った。関係者によれば、アンチェロッティ監督は「ありがとう」と言って、喜んでこれを受け取ったという。

   岡田監督はJ-CASTニュースに対し、

「アンチェロッティは喜んでくれたんだけど、ドンペリは高いものだった。2~3万円程度と思っていたんだけど、5万2000円もするものだったと後で知って・・・。それを知って、しまったなぁと思ったんだよね」

と話している。

   岡田監督の「大奮発」の激励の効果もあってか、ACミランは2007年12月16日の同大会決勝に勝利し、見事「世界一のクラブチーム」に輝いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中