初代「G‐SHOCK」の世界5局対応モデル カシオ

印刷
カシオ計算機が発売する「G‐SHOCK『GW‐M5600』」樹脂バンドモデル
カシオ計算機が発売する「G‐SHOCK『GW‐M5600』」樹脂バンドモデル

   カシオ計算機は、腕時計「G‐SHOCK」の新製品に世界5局(日本2局・独・英・米)の標準電波に対応した『GW‐M5600』2モデルを投入し、2008年2月29日から発売する。デザインは、初代の「G‐SHOCK」モデルの「DW‐5000C」の角型フォルムと文字板レイアウトを継承した。

   樹脂バンドモデルは、文字板レイアウトに加えて、文字や縁取りなどカラーリングも継承し、初代モデルを彷彿とさせるデザインにした。一方、メタルコアバンドモデルは、樹脂の中にメタルパーツを埋め込んで軽量化と強度を同時に実現。ブラックの液晶を採用してバンドとの一体感を高め、クールに仕上げたという。

   希望小売価格は2万~2万4000円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中