嬬恋村から運んだ雪で、彫刻やかまくら遊びを楽しむ 

印刷
第6回神田雪だるまフェアより
第6回神田雪だるまフェアより

   第7回「神田雪だるまフェア」が2008年1月25日~27日に、東京・千代田区神田の靖国通り神保町交差点などいくつかの会場で開催される。
   大学生や町内会、消防団などから成る各チームが、フェアのために群馬県嬬恋村から運んだ70トンの新雪で、彫刻を作製する。廃校を活用した「小川広場」で、かまくら体験コーナーも設けるほか、小さな子供を連れた家族には、雪に埋めたおもちゃを探す「宝さがし」や、そり遊びなど、企画も盛りだくさん。スポーツ店など靖国通り界隈の商店が中心になり、抽選会も行われる。
   主催は、まえだれ会、表商会、商光会など、神田小川町、神保町の5つの商店会からなる神田雪だるまフェア実行委員会。千代田区も支援を行っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中