バットの木で作った木製マウス「ジュピター」

印刷
アクテブライズ「ジュピターマウス」
アクテブライズ「ジュピターマウス」

   ユニークなデザインマウスを販売しているアクテブライズ(群馬県高崎市)はこのほど、球体の木製マウス「ジュピターマウス」を発売した。木製バットの原料として知られるアオダモを使い、職人が一つ一つ手作りで仕上げている。

   商品の名前は、球体の木目が木星(ジュピター)を連想させることから名づけた。球体の直径は約6センチで、野球のボールより一回り小さいぐらいの大きさ。普通のマウスとは違い、マウスの傾きでポインタの方向と速度を変化させて操作する。マウスを動かすペースがほとんどなくても使えるのが特徴だ。

   同社は「使い込むほどに木のつやが増し、癒し効果もあるマウスです」とアピールしている。価格は1万3980円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中