2018年 5月 26日 (土)

キャデラックの内外装を充実した新モデル ゼネラルモーターズ

印刷
ゼネラルモーターズ・アジア・パシフイック・ジャパン「キャデラックDTS Platinum」
ゼネラルモーターズ・アジア・パシフイック・ジャパン「キャデラックDTS Platinum」

   ゼネラルモーターズ・アジア・パシフイック・ジャパンは、2008年モデル「キャデラックDTS Platinum」を2月上旬から販売する。同社が2008年1月18日に発表した。

   「キャデラックDTS」は、全長5300mm、全幅1905mmの堂々たる体躯で、米国を代表するフルサイズセダン。「プラチナ」エディションは、その最高峰だ。08年モデルでは、伝統のエッグ・クレート・グリルをクロームに仕上げ、新デザインとなる7本スポークのクロームホイルを採用するなど外装を一新。内装についても、電動サンルーフ、上質なタスカニーレザーのシートなどを備え、高級感あふれる仕様とした。

   4.6リッターノーススターV8エンジンを搭載。リア・サスペンションに車高を自動調整するオートマチック・レベル・コントロールを備え、滑らかな走りと上質な乗り心地を実現したという。08年モデルから、日本に導入されるDTSはPlatinumモデルのみとなる。

   価格は、885万円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中