2018年 7月 19日 (木)

配管工事がいらない「パブリックモデル便器」 TOTO

印刷
TOTO「パブリックモデル便器」
TOTO「パブリックモデル便器」

   TOTOは2008年2月1日から、配管工事がいらない「パブリックモデル便器」を発売する。

   排水位置を選ばない可変形の「排水アジャスター」を採用することで、既設の排水管を使用できるようになった。その結果、マンションなどで、階下のトイレを閉鎖して行う床下工事がいらず、工事は床上施工で簡単に行える。階下に迷惑をかけることなく、短期間でトイレが改修できるというメリットがある。

   また、6L洗浄のフラッシュバブル式大便器を使用することで、従来の大便器に比べて約54%の節水が可能になった。TOTOでは「CO2に換算すると1年間に約43本分の杉を植樹したのと同じ効果がある」としている。 希望小売価格は9万9960円~28万4130円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中