「世界最小・最薄」の1000万画素デジカメ カシオ計算機

印刷

   カシオ計算機は、世界最小・最薄の1010万画素デジカメ「EXILIM(エクシリム) CARD EX-S10」を2008年2月15日から発売する。幅94.2mm・高さ54.6mmで、厚さは13.8mm。「1000万画素クラスとしては世界最小・最薄モデルになる」という。シルバーやブラックなど5色を展開する。

   同時に、女性向けデジカメ「EXILIM ZOOM EX-Z80」も発売する。こちらは女性向けに約100gと軽い本体。カラフルなビビッドピンクやグリーン、ブルーなど5色をラインアップする。

   両モデルとも、ブレ検出技術を内蔵。手ブレや被写体ブレが止まった瞬間に自動的にシャッターを切る「オートシャッター」機能などを搭載する。オープン価格だが市場予想価格は「EX-S10」が4万円前後、「EX-Z80」が3万円前後。

カシオ計算機 「EXILIM CARD EX-S10」「― EX-Z80」
カシオ計算機 「EXILIM CARD EX-S10」「― EX-Z80」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中