2018年 5月 24日 (木)

「シボレー・タホ」日本へ正規導入

印刷
「シボレー・タホ」三井物産オートモーティブ
「シボレー・タホ」三井物産オートモーティブ

   三井物産オートモーティブは、「シボレー・タホ」2008年モデルを正規導入し、2月より発売する。

   「シボレー・タホ」は初代のデビューが1995年、今回2007年にフルモデルチェンジされた3代目が日本に導入される。全長5130mm、全幅2020mm、全高1920mmのボディに、最高出力325psのボルテック5.3リッターV8エンジンを搭載する。また、走行状況に応じ、8気筒から4気筒への切り替えを行う「アクティブフューエルマネジメント・テクノロジー」を採用している。

   横転時にも乗員を守る効果を発揮するように配慮されたサイドエアバッグを搭載するなど、安全面の装備も充実させた。

   ラインナップは2種で、「LS」が627万9000円、「LT」が698万2500円となる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中