2018年 5月 25日 (金)

クイズで学ぶ都道府県「カルタキュー」 ハピネット

印刷
ハピネット「カルタキュー 都道府県編」
ハピネット「カルタキュー 都道府県編」

   バンダイナムコグループハピネットは、日本の地理や都道府県の特徴をクイズ形式にしたカードゲーム「カルタキュー 都道府県編」を、2008年3月21日から全国の百貨店や量販店などで販売する。

   カルタキューは、問題カードと絵札カードそれぞれ47枚で構成される。問題カードには、都道府県の特徴や名物に関するクイズが書かれており、絵札カードにはそれに対応する都道府県の名前と地図が描かれている。

   遊び方はカルタと同じで、絵札カードをランダムに置き、読み手が問題カードを読みあげる。そして、答えが分かった人が絵札カードをとるのを競う。

   問題数は、1枚につき5問。1問目から順に読み、5問目で都道府県が確定できる仕組みだ。「三大湖」「三名園」など「役」をそろえると得点が増えるオプションルールもあり、取り札が少なくても逆転できるようにした。価格は1260円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中