リア・ディゾン「スゴイヤバイ」 チャン・イーモウ新作に感動

印刷

   中国・唐王朝末期を舞台にした映画「王妃の紋章」の国内公開をひかえて、来日したチャン・イーモウ(張芸謀)監督らが2008年2月11日、都内のホテルで記者発表会を開いた。王と王妃との確執が大きなテーマの歴史映画だ。

チャン監督(右から2番目)はジェイさん(一番左)の演技を絶賛していた
チャン監督(右から2番目)はジェイさん(一番左)の演技を絶賛していた

   会見には、第二王子を演じた台湾のアーティスト、ジェイ・チョウ(周杰倫)さんも登場。ジェイさんについて、チャン監督は

「想像を超える、素晴らしい演技を見せてくれた。第二王子は、作品中で唯一明るい心を持っている人物。これが(すでに公開されている中国などの)観客に感動を与えているのではないか」

と絶賛した。一方、演じるだけでなく主題歌も担当したというジェイさんは、

「こんなに時間をかけて歌を書いたのは初めて」

と、思い入れを語った。
   続いて、「すっと前からジェイさんのファンだった」というタレントのリア・ディゾンさんがスペシャルゲストとして登場。監督らに花束贈呈を行い、

「スゴイヤバイ。(ジェイさん演じる王子は)忠誠心のある人で、母に対する愛が感動的だった」

などと日本語と英語を織り交ぜながら感想を話していた。公開日は4月12日。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中