2018年 5月 25日 (金)

消費電力・CO2を半減 日本初の棒状LED照明「LINESABER」 日立

印刷
日立ライティング 「LINESABER」
日立ライティング 「LINESABER」

   日立ライティングは7月からLED照明「LINESABER(ラインセーバー)」シリーズを発売する。

   「LINESABER」シリーズでは、光を通す長さ30cmの棒状の導光板の端にLEDを取り付ける構造を採用した。同社によれば「日本初の構造」だといい、少ないLEDで均一に光を照らせるという。同等の蛍光ランプと比較して消費電力、二酸化炭素排出量をともに半減できる。

   ショーケースやエスカレーターのフットランプ用途などでの使用を見込んでいる。将来的にはLEDの発光効率を向上させ、天井照明用蛍光灯などの代替商品も開発していく予定だ。

   希望小売価格は導光板の片端にLEDを1個取り付けた「片側タイプ」が2万4150円、両端に1個ずつ取り付けた「両端タイプ」が2万7300円。照射色は白色のほか、受注生産で昼光色、温白色も設定する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中