あの「スカウター」にそっくり メガネ装着「超小型ディスプレイ」

印刷

   人気マンガ「ドラゴンボール」に登場するアイテム「スカウター」によく似た超小型ディスプレイが発売され、話題を呼んでいる。光学・分析機器メーカー、スカラが開発した「Teleglass(テレグラス)T3-A」という名の商品。メガネに装着してディスプレイを覗くと、目の前に大きなスクリーンがあるように見えるのだという。

目の前に28インチの大画面が映し出される

スカラの「Teleglass(テレグラス)T3-A」。メガネに装着した様子は、ドラゴンボールの「スカウター」によく似ている
スカラの「Teleglass(テレグラス)T3-A」。メガネに装着した様子は、ドラゴンボールの「スカウター」によく似ている

   テレグラスは、メガネに取り付けるタイプの超小型モニタ。外部機器からビデオ信号を入力することで、眼前の2メートル先に28インチの画面が立ち現れる。「片眼式タイプ」のT3シリーズは、ドラゴンボールでサイヤ人が身につけていた「スカウター」にそっくりだ。

   このユニークな製品を開発したスカラ社はもともと、医療機関や工場向けにデジタル顕微鏡などの光学・分析機器の製造を手がけてきた会社。スペースシャトルの断熱タイルやエンジン部を検査するため、NASA(アメリカ航空宇宙局)が同社の液晶付きデジタル顕微鏡を採用するなど、幅広い分野でスカラ社製品は使われている。

   そんなスカラ社が「テレグラス」シリーズの開発に着手したのは、7年前にさかのぼる。きっかけは医療現場からの要望だった。

「顕微鏡手術をする医師から『患部の拡大映像を離れたモニターで見ながら、何時間も同じ姿勢で手術をするのは体に大きな負担がかかる』と聞き、頭に装着する形の小型モニターの開発を始めました」

と、同社でテレグラス事業を担当する清原大三取締役は語る。

   開発に成功し、業務用に初代テレグラス「T3-F」を10万2900円で売り出したのは2007年。専用の国産チタン製メガネに装着する形だった。業務用に発売したものだったが、「ドラゴンボールのスカウター」のようなデザインが話題に・・・

消費者向け「低価格版」を新たに発売

テレグラスを覗くと、2メートル先に28インチ相当の画面があるように見えるという
テレグラスを覗くと、2メートル先に28インチ相当の画面があるように見えるという
「一部のマニアさんにはご購入いただきましたが、『自分のメガネにつけたい』『もっと安くしてほしい』という声も大きかったです」(清原取締役)

   そこで、一般消費者向けのテレグラス「T3-A」を新たに開発。今度は、自分のメガネにも装着できるようにして、2008年2月10日に発売した。

   一般向けということで、業務用パッケージからキャリングケースや充電池などを省いてコストダウン。さらに、量産も見込めることから「T3-A」は2万9400円と前モデルに比べて大幅にプライスダウンすることができた。

   同社では当初、混雑する通勤電車でiPodの映像を見るといった、エンターテインメント的な用途を想定していた。ところが、「テレグラス」は目の筋力を鍛えるトレーニングにも向きそうだ、ということがわかってきたという。

「『T3-A』は片目でディスプレイを覗くという構造なのですが、目の前のディスプレイと遠方を交互に見ることで、楽しみながら視力トレーニングができます。今後は、視力トレーニングキットのようなセットの販売を検討していきます」(清原取締役)

   2月27日から3月7日にかけては、東京都新宿区の本社で「近未来体験教室」を開き、「テレグラス」をアピールしていく予定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中