愛らしい生物「クリオネ」の特別展示 足立区生物園

印刷
足立区生物園 「流氷の妖精クリオネ展」
足立区生物園 「流氷の妖精クリオネ展」

   足立区生物園(東京都足立区)は、軟体動物「クリオネ」を展示する特別展「流氷の妖精クリオネ展」を開催している。2008年3月31日まで。

   クリオネは和名をハダカカメガイといい、タコやイカと同じ軟体動物の仲間。北極圏の海に生息している。貝なのに貝殻を持たず、翼のような形をした足で泳ぐ姿が愛らしく、「流氷の天使」「流氷の妖精」と呼ばれている。今回、展示されているクリオネは、オホーツク海で採取されたもの。

   開園時間は9時半~16時半。入園料は大人(高校生以上)300円、子供(小中学生)150円。月曜休園。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中