鳥居みゆき、思わぬ「鉄ヲタ」ぶりを発揮

印刷

   「ヒットエンドラーン!」のギャグで人気上昇中のお笑い芸人、鳥居みゆきさん(26)が2008年2月21日、東京都内で開かれたトークショーに出演、「鉄道に詳しい」という意外な一面を見せた。

「蟹江敬三さんにタメ口で謝っちゃった」

思わぬ「鉄ヲタ談義」で盛り上がっていた
思わぬ「鉄ヲタ談義」で盛り上がっていた

   この日のトークショーは、現在公開中の映画「全然大丈夫」(スタイルジャム配給)のPRの一環として行われた。同作品は、古本屋を舞台にした恋愛模様を描いた映画。鳥居さんも出演しているため、共演した吉川正洋さん(30)とそろって登場した。
   しかし、このふたりが出演したのは、わずか3~4シーン。鳥居さんも吉川さんも、恐縮した様子でトークショーに臨んでいた。

   撮影時のエピソードについて質問された鳥居さんは、

「(共演の)蟹江敬三さんに『ごめんねー』ってタメ口で謝っちゃった」

などと、表情を変えずに淡々と話していた。
   ふだん見る映画について聞かれると、鉄道マニアとして知られる吉川さんが、

「寝台急行銀河が廃止になっちゃうのが悲しいんですよね。映画どころじゃなくて…。ダイヤ改正とか来なけりゃいいのになーって」

と、なぜか鉄道の話題に。それに対して、鳥居さんは

「鉄道はちょっと私、クハとかモハとか分かんなくて」

と応じ、車両形式にまで触れてみせた。さらに、

「秩父鉄道は3両しかないしね」

とも話し、思わぬ「鉄ヲタ」ぶりを披露していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中