省エネ効果を高めた「バス乾燥・暖房システム」 三菱電機

印刷
三菱電機「バス乾燥・暖房システム」
三菱電機「バス乾燥・暖房システム」

   三菱電機は、浴室乾燥暖房機「<熱交換セントラル換気システム連動形>バス乾燥・暖房システム」2機種を、2008年6月1日から発売する。

   取り込む外気と排出する室内空気の熱を交換して冷暖房への影響を少なくする「熱交換セントラル換気システム」がマンションなどを中心に広まっているが、浴室は湿気を多く含むため、これまでは接続が容易でなかった。この製品は、浴室も換気できる耐湿タイプの熱交換セントラル換気システム「ロスナイセントラル換気システム」との接続が可能で、不燃ダクト配管も不要にした。

   価格は、100V標準タイプ「WD-101BZMD」が10万2900円、200Vハイパワータイプ「WD-201BZMD」が12万9150円。専用電子式コントロールスイッチは、標準タイプが1万500円、照明スイッチ取り付け可能タイプ1万1550円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中