「いじめからは脱出できる」ボクシング内藤が自伝出版

印刷

   ボクシングの内藤大助選手が自叙伝「いじめられっ子のチャンピオンベルト」(講談社)を出版したのを記念して、2008年2月24日、所属する「宮田ボクシングジム」(東京都葛飾区)で会見を開いた。同書では、中学時代に受けたいじめの激しさや、ボクシングとの出会い、真弓夫人との恋愛エピソードなどについて綴られている。

著書では、中学時代に受けたいじめについて綴られている
著書では、中学時代に受けたいじめについて綴られている

   内藤選手は

「自分がいじめられていたときは、その事実を周りに知ってほしいと思っていました。これが何十年か越しで実現できてうれしいです。いじめを受けている子や、その親御さんに読んでほしい。どん底からでも復活できることを知ってほしいです」

とアピールしていた。価格は1365円。
   また、会見に先立って行われた公開スパーリングでは、3月8日に予定されている防衛戦について

「大きな怪我や風邪もなく、順調。このまま行きたい。何の問題もない」

と話し、順調な仕上がりを強調していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中