江頭2:50と間接キス? 清涼感ゼロの清涼飲料「えが茶ん」

印刷

   「1クールのレギュラーより1回の伝説」をモットーに、体を張った芸風で知られている江頭2:50。そんな彼をパッケージにあしらった缶入りのお茶「えが茶ん」が話題となっている。ネットでも、「これほど清涼感のない清涼飲料はない」「江頭と間接キスするみたいだ」など、いろんな意味で大人気だ。

「ウケ狙いで大量に購入してくれる方が多い」

ハンパじゃないインパクトの「えが茶ん」
ハンパじゃないインパクトの「えが茶ん」

   「えが茶ん」は、緑茶と烏龍茶の2種類。緑茶は2007年2月、烏龍茶は同年12月に発売された。高速道路サービスエリアや、ヴィレッジ・ヴァンガードなどの雑貨店で販売されている。

   販売元のアプリスはこれまでも、エスパー伊東や出川哲朗などの際どい芸能人をデザインパッケージに使っている。今回の江頭2:50も「インパクトを重視して採用した」という。

   それにしても、江頭なのに、なぜ「清涼」飲料なのか。江頭2:50が所属する大川興業に聞いてみると、

「江頭のキャラが濃いので、中身はちゃんとしたものにしようということでお茶になりました。ウケ狙いで大量に購入してくれる方が多いです」

とのことだった。

   烏龍茶と緑茶はともに1缶190g。定価は150円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中