奈良「ご当地キャラ」にネット騒然 「ひこにゃん」超えるインパクト!

印刷

   最近、彦根市の「ひこにゃん」を始めとした地方の「ご当地キャラ」がブームになっているが、このたび、古都・奈良から強烈なインパクトを持ったキャラが登場した。あまりの強烈な個性に「違和感がある」という声も多いが、事務局は「話題になるのはありがたい」と喜んでいる。

「飛び抜けたインパクトを持っている」

「平城遷都1300年祭」マスコットキャラクター。他の追随を許さない、奇抜なデザインだ
「平城遷都1300年祭」マスコットキャラクター。他の追随を許さない奇抜なデザインだ

    2ちゃんねるやmixi、個人のブログなどで、

「可愛くない」
「すごく違和感がある」
「いや、保守的な奈良にしてはよくやった」
「何度も見てるうちに味わいが出てくるよ」

など賛否両論を巻き起こしているのは、奈良の「平城遷都1300年祭」のマスコットキャラクター。坊主頭の子供に、鹿の角が生えている。一度見たら忘れられないデザインだ。

   「平城遷都1300年祭」は、2010年に奈良で行われるイベント。2010年は平城京誕生からちょうど1300年目にあたる。年間を通して展示やコンベンション、フォーラムなど各種イベントが予定されている。この強烈なマスコットは「1300年祭」を盛り上げるために誕生した。著名な彫刻家・薮内佐斗司氏によるデザインで、複数あった候補の中から選ばれたという。

   このキャラクターが選ばれた理由について、J-CASTモノウォッチが平城遷都1300年記念事業協会に聞いてみた。

「このマスコットキャラクターは、21あった候補の中から選定委員会が選びました。選定の理由としては、一目で奈良とわかること、飛び抜けたインパクトを持っていることがあります。また、奈良の大地から生まれたエネルギーの化身であるという、未来に続くストーリー性を持っているという点が挙げられます」

   「可愛い」とか「可愛くない」ということだけでなく、「コンセプトを重視」した結果、このキャラクターに決定したという。

「話題になっていることはありがたい」

   現在ネットで話題になっていることに関しては、

「どんな形であれ、話題になっていることは非常にありがたいです。事業の方にも関心が集まり、嬉しく思っています」

と同協会の広報担当者は話す。

   このキャラクターの名前はまだなく、2008年2月12日から一般公募している。すでに1100件以上の応募があり、中には海外からのものもあったという。募集期間は2008年3月12日までで、結果は同月末を目途に発表するとのことだ。

   同協会では「奈良らしくて、親しみやすい名前になれば・・・」と期待している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中