「TVってドンキっぽいよね」と「ティーン3大情報源」の関係

印刷

   最近のティーンの3大情報源は、友達との会話(ケータイメール含む)、ファッション誌、ケータイサイト(コミュニケーション系)となっているようです。

   マスメディアといわれる新聞・雑誌・テレビ・ラジオから獲得する情報量は減り続けている、とよく言われてます。かといって、ティーンのマーケットにおけるマス広告の効果が極端に弱まっている訳ではないと思います。まぁ、ラジオ・新聞は微妙な気もしますが。

ドン・キホーテとLOFTの関係

   TVや雑誌も見なくなってるわけじゃない。

   ただ最近のティーンは情報源を使い分けてます。

   商業施設で例えれば、最近の渋谷ギャルは、ドン・キホーテLOFTという2つの「情報」から商品購入を考えます。彼女たちにしてみればすごく当たり前の行動なんですが、わたしは奥が深いと感じちゃいました!

   ティーンが考えるドンキのメリットは、

   商品数が多い(情報量の多さ)、興味があるものが多い(セグメントされている情報)、新商品が揃ってる(情報スピードの速さ)、商品が安いイメージ(情報獲得の簡易さ)。

   一方、LOFTのメリットは、商品が安心できる(情報の信頼度)

   かつてはドンキだけで商品購入まで決めていたティーンが、今ではドンキで欲しい商品を見つけたら、LOFTに行ってそこにも置いてあったら安い方のドンキへ戻って買う、という行動パターンを取るように変わってきています。

TVだけじゃ不安! 友達情報で安心!!

   例えが長くなっちゃいました。要するに、TVなどのマスメディアでもそれぞれの情報源の使い分けをティーンなりの方法でし始めました、ということなんです。

   友達との会話、ファッション誌、ケータイサイトに共通する点は、『安心』『信頼』できるという側面が大きいです。

   ドンキだけじゃなく、LOFT(信頼)にも行くのと似たようなものです。

   TV情報だけじゃなく、友達の言葉による「裏付け」が大切。安心できるから。

   まぁ、極端にいうとドンキは「TV」です。
   TVの情報だけだと信頼性に乏しいと感じるティーンは、自分が信じることができて、比較、判断できるプラス情報を求めています。
   それを満たすのが、ティーンの3大情報源なんです。

   ティーンだけじゃなくてどの世代でもいえる事かもしれませんが、ティーンの場合は、この点の重要度合いが10倍くらいになるんじゃないかと思います。

シホ有限会社G-Revo 蘭

シホ有限会社プロフィール

シホ有限会社G―Revo
ギャル社長こと藤田志穂さんが2005年に19歳で起業した会社。ギャルに対する偏見やネガティブイメージを払拭しようと活動中。藤田社長は、講談社から「ギャル革命」を出版、ブログ「☆ギャルの革命☆」も更新中。ギャルでも、いやギャルだからできる! とギャルに特化したリサーチや企画・開発、プロモーションを行っている。ギャル100%会員サイトGRP(ギャル・リサーチ・プレス)のプロデュースもしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中