世界にお披露目「水平対向」ディーゼルエンジン 富士重工業

印刷

   富士重工業は、2008年3月4日から16日までスイスのジュネーブで開催される「第78回ジュネーブ国際モーターショー」での出展概要を発表した。今回のショーでは、乗用車用として世界初の、水平対向ディーゼルエンジン「スバルボクサーディーゼル」を搭載した「レガシィ」と「アウトバック」を展示する。

乗用車としては「世界初」の水平対向ディーゼルエンジン

富士重工業「スバルボクサーディーゼル」(参考画像)
富士重工業「スバルボクサーディーゼル」(参考画像)

   高い静粛性や振動の少なさ、軽量・コンパクト、低重心といった水平対向形式のメリットをそのままに、ディーゼルエンジンを開発した。最高出力は150ps、排気量は2リッターとなり、なめらかに吹き上がるエンジン特性を持つという。

   欧州で供給量が増えており日本でも見直され始めているディーゼルエンジンを、スバルが「水平対向」の形でも実現したことで、日本の自動車業界にディーゼルがどのような影響を及ぼすか興味深い。

   そのほか、電気自動車「スバル G4e Concept」(参考出品)や、同じく電気自動車の小型車「スバル R1e」(参考出品)を展示する。

   このうち「R1e」は、2009年には日本で年間100台規模で販売を開始する計画。家庭用電源では8時間でフル充電が、急速充電器を用いれば15分で約80パーセントの充電が、可能だという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中