2018年 7月 19日 (木)

泣けるDSソフト「99のなみだ」

印刷
「99のなみだ」のプレイ画面
「99のなみだ」のプレイ画面

   バンダイナムコゲームスは2008年5月以降、ニンテンドーDS用ソフト「99のなみだ」を売り出す。家族や恋愛などをテーマにしたオリジナルの感動物語を200話収録。年齢などのユーザー情報や、物語の案内人「マスター」との対話をもとに、その日のユーザーに合った物語を1話ずつ楽しめる。収録する200話のうち、99話が「オススメの物語」として紹介される。1話あたり10分程度で読める。

   「ユーザーが感動して涙を流す」ことをコンセプトに、早稲田大学の河合隆史研究室と共同で開発した。開発にあたっては、1000人以上を対象に「泣けたコンテンツ」についてのアンケート調査を行い、その結果をもとに、収録する物語の構成や選択方法を工夫したという。

   価格は3990円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中