V8、5Lエンジン搭載の上級クロスオーバーモデル 日産

印刷
日産自動車「インフィニティ FX50」
日産自動車「インフィニティ FX50」

   日産自動車は、2008年3月4日から16日までスイスのジュネーブで開催されている「第78回ジュネーブ国際モーターショー」に新型「インフィニティ FX50」を出展している。

   エクステリアは、ロングフードとショートオーバーハング、大径タイヤを与えられてスポーツカーらしいプロポーション。インテリアには「スポーツカーらしい囲まれ感」を演出したインストルメントパネル形状を採用するなどして、上級クロスオーバーモデルとしての性格を際立たせている。

   エンジンは、新開発5リッターV8エンジンを搭載し、その最高出力は390PS、最大トルクは500Nm。日産自動車で初となる7速ATやシンクロレブコントロールを採用し、スポーティでスムーズな走りを実現したという。また、「アラウンドビューモニター」や「スクラッチシールド」なども標準装備する。

   2008年6月より米国で、同年10月より欧州で、それぞれ発売を予定している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中