「Atom」搭載のウルトラモバイルPC 松下

印刷
ウルトラモバイルPCの想定利用シーン
ウルトラモバイルPCの想定利用シーン

   松下電器産業は2008年3月5日、インテルが新開発したモバイルパソコン用CPU「Atom」を搭載したウルトラモバイルPCを開発した、と発表した。2008年3月4日からドイツ・ハノーバーで開催中の「CeBIT2008」に参考展示品として出展している。

   屋外や工場内など過酷な環境で使用する「フィールドモバイル」用途を想定し、衝撃にも強い。タッチパネル式の5.6型液晶を採用し、1kgを切る軽さと手のひらに載せて使える小型・軽量な設計にした。「TOUGHBOOK」シリーズにラインアップする。

   2008年秋頃から法人向けに売り出す予定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中