「グラントゥーリズモ」の高性能版 マセラティ

印刷
マセラティ「グラントゥーリズモ S」
マセラティ「グラントゥーリズモ S」

   マセラティは、ジュネーブモーターショーにおいて「グラントゥーリズモ S」を発表した。コーンズによると日本での発表は5月を予定しており、価格およびデリバリー時期は未定。

   「グラントゥーリズモ」の高性能版で、最高出力440psの4.7リッターV8エンジン、新開発の電子制御トランスミッション「MC-シフト」を搭載する。ギアボックスは、トランスアクスルレイアウトとなる。また、ブレンボ社と共同で開発した、アルミとスチールを組み合わせたデュアルキャストテクノロジー採用のフロントブレーキディスクを使用し、アルミモノブロック6ピストンキャリパーと組み合わされ、高いブレーキ性能を実現する。

   ピニンファリーナによるデザインのボディを持ち、そのインテリアには、ポルトローナ・フラウレザーとアルカンタラを使用し、デザインも一新される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中