2018年 7月 20日 (金)

「グラントゥーリズモ」の高性能版 マセラティ

印刷
マセラティ「グラントゥーリズモ S」
マセラティ「グラントゥーリズモ S」

   マセラティは、ジュネーブモーターショーにおいて「グラントゥーリズモ S」を発表した。コーンズによると日本での発表は5月を予定しており、価格およびデリバリー時期は未定。

   「グラントゥーリズモ」の高性能版で、最高出力440psの4.7リッターV8エンジン、新開発の電子制御トランスミッション「MC-シフト」を搭載する。ギアボックスは、トランスアクスルレイアウトとなる。また、ブレンボ社と共同で開発した、アルミとスチールを組み合わせたデュアルキャストテクノロジー採用のフロントブレーキディスクを使用し、アルミモノブロック6ピストンキャリパーと組み合わされ、高いブレーキ性能を実現する。

   ピニンファリーナによるデザインのボディを持ち、そのインテリアには、ポルトローナ・フラウレザーとアルカンタラを使用し、デザインも一新される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中