車のサス素材を使ったバット

印刷
ミズノ「ビヨンドマックスキング」
ミズノ「ビヨンドマックスキング」

   ミズノは2008年3月10日、軟式野球用バット「ビヨンドマックスキング」を発売した。同社は2002年9月、業界で初めて打球部に非金属の軟らかい素材を使った「ビヨンドマックス」を発売し、25万本を売り上げるヒット商品になっている。

   新たに発売した「ビヨンドマックスキング」の打球部には、高い強度と弾性を持ち、自動車のサスペンションに使われている微細セルエラストマーを採用した。「ビヨンドマックス」と比べて反発係数が6%向上し、飛距離の伸びが期待できる。また、硬度も高いことから、バッターが打撃時の感触をしっかりとつかめるという。

   初年度5000本の販売を目指す。希望小売価格は3万6750円。専用のバットケースが付属する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中