2019年 1月 20日 (日)

地産地消のペン「故郷の木持ち」シリーズ

印刷
三菱鉛筆「故郷の木持ち」(画像は日田杉)
三菱鉛筆「故郷の木持ち」(画像は日田杉)

   三菱鉛筆は2008年3月下旬から、木材の「地産地消」にこだわったペン「故郷の木持ち」シリーズを展開する。各地域で伐採した木材を素材に使ったボールペンとシャープペンで、産地限定で売り出す。

   第1弾商品として、大分県産の日田杉を使った商品と沖縄県産の琉球松を使った商品を発売する。両モデルとも手になじむ温かみのある質感が特徴。木材に蒸気をあててプレス加工する「圧密加工処理」を施し、木目を活かしたシンプルなデザインに仕上げた。

   将来的には全国各地でそれぞれ限定商品を売り出す予定だ。価格はボールペン、シャープペンとも2100円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中