「X JAPAN」ギタリスト、故hideさんのソロライブを復元

印刷

   亡くなって2008年で10年となる今もファンを魅了し続けている「X JAPAN」のギタリスト、hideさんのソロライブを収録したCDアルバム2枚がユニバーサルミュージックから発売される。「PSYENCE A GO GO」(2008年3月19日発売)は、1996年10月20日に代々木第一体育館で行われたツアーを収録。「HIDE OUR PSYCHOMMUNITY 」(08年4月23日発売)は、1994年4月10日に 横浜アリーナで行われたツアー最終日のライブを完全収録した。曲間を詰めずに会話まで収録したことで、ライブでの臨場感が溢れる仕上がりだ。

「松本日々新聞」がウェブで復活

「PSYENCE A GO GO」
「PSYENCE A GO GO」

「HIDE OUR PSYCHOMMUNITY 」
「HIDE OUR PSYCHOMMUNITY 」

   発売を記念し、スペシャルサイト「HIDE AWAY」が08年3月14日~5月31日の期間限定で公式サイト内にオープンしている。hideさんがツアー中に書いたWeb日記を公開するほか、hideさんが発案し、熱狂的な読者を生んだフリーペーパー「松本日々新聞」をウェブ版で復刊する。

   「松本日々新聞」とは、CDのプロモーション用にレコードショップなどで配布されていた手書きの新聞だ。hideのレアな情報を得られるとしてファンや業界人から注目を集めた。

   編集を担当していたのは、当時MCAビクターの邦楽宣伝部でhideさんの宣伝担当をしていた"かっちん"こと植本克美氏だ。今回、ウェブ版でも編集長を務める。

   ウェブ版「松本日々新聞」で植本氏は、「"学級新聞みたいの作れないかなぁ"というhideさんの一言で始まった」と、当時のエピソードを明かしている。また、メールが普及していなかった10年以上前にWebで日記を書いていたhideさんが紙媒体にこだわった理由について、「パソコンの正反対に位置する"究極のアナログコミュニケーションツール"として学級新聞を欲しがったのだ」と綴っている。植本氏に言わせると、hideさんは「両極端大好き」だったのだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中