2018年 5月 24日 (木)

シーラカンス「たい焼き」 アクアマリンふくしま

印刷
「アクアマリンふくしま」のたい焼き「ごんべ焼き」
「アクアマリンふくしま」のたい焼き「ごんべ焼き」

   ふくしま海洋科学館「アクアマリンふくしま」では、シーラカンスの形をした、たい焼き「ごんべ焼き」を2008年3月22日から販売している。

   名前の「ごんべ」は、アフリカ・コモロ諸島でのシーラカンスの呼び名「ゴンベッサ」に由来。同水族館はシーラカンスの調査研究に力を入れていて、その専門家でもある安部義孝館長が同館のオリジナル商品としてたい焼きを提案。安倍館長が自ら金型を作った。

   販売場所は同館内の「スープ&カフェ アクアクロス」。価格は税込み300円。大きさは縦8.5cm、横14cm、厚さ2cmで、中には北海道小豆100%のあんこが入っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中