もってけ!「らき☆すた」ラベルの日本酒

印刷
石井酒造「豊明」の「らき☆すた」ラベル
石井酒造「豊明」の「らき☆すた」ラベル

   人気アニメ「らき☆すた」の舞台とされている埼玉県幸手市で、「らき☆すた」商品券に続き、「らき☆すた」日本酒が2008年3月25日から発売される。

   発売されるのは、石井酒蔵が現在発売している純米酒「豊明」の「らき☆すた」ラベル。「豊明」は地元の米を使い地元の酒蔵で製造された地酒で、口当たりのやわらかな淡麗辛口酒だという。ラベルは、「らき☆すた」主要キャラが未成年のため、主要キャラ4人に成人キャラ2人(ゆい姉さん、ななこ先生)を加えたデザインになっている。170年の伝統を誇る蔵元と、現代の「萌え」とのコラボレーション商品だ。

   幸手市内の商工会加入事業所で3月25日から販売を始めるが、3月27日からは権現堂桜堤内の桜まつり物産販売会場でも販売する。一本720mlで1050円。いずれも店頭販売のみで、「桜の花見とあわせて楽しんでくれれば」とのことだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中