体長30センチの「巨大金魚」が水族館に

印刷
サンシャイン国際水族館「びっくりサイズの生きもの展+西表島の珍しい生物」展
サンシャイン国際水族館「びっくりサイズの生きもの展+西表島の珍しい生物」展

   東京・池袋のサンシャイン国際水族館は、極端に大きかったり小さかったりする生物を紹介する企画展「びっくりサイズの生きもの展+西表島の珍しい生物」を開催している。2008年5月11日まで。

   はさみを広げると最大80cm以上になる巨大ガニ「ジャイアントクラブ」や30cmもある金魚「オランダシシガシラ」など、通常のサイズよりもずば抜けて大きい体や小さい体を持つ生き物を展示する。また飼育スタッフが西表島まで行き採集した1mを超える「オオウナギ」も必見。

   企画展の入場料は、一般300円。水族館の利用者は半券の提示で無料になる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中