2018年 7月 22日 (日)

「販売累計10万枚を突破! 「黒いまな板」

印刷
京セラが販売中の「黒いまな板」。食材が見えやすい。
京セラが販売中の「黒いまな板」。食材が見えやすい。

   京セラが販売している「黒いまな板」が人気を集めている。

   視覚障害者の間で「食材を見やすいまな板が欲しい」との声があったことから開発し、まな板の色を黒くすることで、大根や豆腐など白系色の食材の視認性を高めたという。

   2007年2月の発売当初は「日本点字図書館」での限定販売だったが、売れ行きが好調だったことから、目盛りをつけるなどの改良を加えて07年6月から全国展開。08年2月までの9ヶ月で10万枚を売り上げた。

   同社によれば、視覚障害者や高齢者のほか、昨今の「黒ブーム」に乗った若者の購入も多く、毎月、白いまな板の3倍から4倍にあたる1万2000枚ほどを売り上げているという。実売価格は1050円程度。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中