2018年 7月 19日 (木)

「黒い畳」でモダンな部屋に

印刷
「黒い畳」が人気だ(「ダイケン健やかおもて・清流(墨染色)」施工例)
「黒い畳」が人気だ(「ダイケン健やかおもて・清流(墨染色)」施工例)

   大建工業が製造・販売している「黒い畳」が話題を呼んでいる。

   この製品の源流は、同社が1996年に発売した、高級天然和紙を原料とする畳表「ダイケン健やかおもて・清流」。着色した和紙を糸状に加工後、樹脂コーティングを施してから畳に織り上げることで撥水効果が高まったほか、畳の色の退色を防ぐ効果もあり、消費者の支持を得た。当初は銀白色のみだったが、1999年に黄金色、亜麻色など4色を発売。さらに、「シンプルモダンデザイン」に合う「黒い畳」を求める声も多かったことから、2007年1月に墨染色の商品を追加したところ、人気を集めたという。

   畳表を縫い付ける畳床などによって価格は変わるが、1畳あたり2万5000円程度。詳しくは取扱店まで。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中