革張りシートの豪華バスで行く「極上の旅」 三越

印刷
三越「三越プレミアムクルーザー」(シート周辺)
三越「三越プレミアムクルーザー」(シート周辺)

   三越は、伊勢丹との経営統合を記念して、豪華仕様のバス「三越プレミアムクルーザー」を用いたツアーを2008年4月1日から始める。

   この豪華バスは、座席数がわずか10席。同じサイズの大型バスの4分の1しかない。「移動も旅の一部として快適に過ごせるように」というコンセプトで、ゆとりある座席数とした。シートはリクライニングできる独立型の「革張りシート」で、各席には専用のテレビモニターも用意される。

   快適装備だけでなく、AED(自動対外式除細動器)や全席3点式シートベルトなど、安全面にも配慮した。さらに、温暖効果ガスの排出を減らす「カーボンオフセット」の仕組みを導入し、環境面にも配慮した。

   クルーザーアテンダントがもてなしをするこのバスを用いたツアーは、全4種類。価格は15万円前後と高額だが、現時点では08年4月末まで満員の状況だという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中