路線バスで東京の下町観光 都バス

印刷

   東京都交通局は2008年4月26日から、下町の観光スポットを巡る路線バス「東京→夢の下町」を運行する。

   合羽橋や浅草など下町の観光スポットを経由して、「東京駅丸の内北口バス停」と「両国駅前バス停」を結ぶルートを設定した。首都大学東京の福田哲夫教授がデザインした車両を使い、9時の始発から18時30分の最終便まで30分間隔で運行する。外国人観光客の利用も想定し、英語・韓国語・中国語での車内放送も行う。

   運賃は大人200円、小児100円。「都バス1日乗車券」も使える。

「東京→夢の下町」で運行されるオリジナルデザインのバス
「東京→夢の下町」で運行されるオリジナルデザインのバス
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中