女性も楽しめる「新感覚の日本酒」紹介

印刷

   地方の隠れた美味を紹介する"食"の情報サイト「ご当地総研」はお花見のシーズンに合わせて、「女性に人気の新感覚のお酒」を特集している。女性でも楽しめる新感覚の日本酒を美しい写真とともに紹介している。

お酒が苦手な女性にもオススメ「純米 桃にごり」

美しい桃色が目を惹く「純米 桃にごり」
美しい桃色が目を惹く「純米 桃にごり」

   日本酒というと、「酔いが早くまわりそう」とか「辛口で男っぽい」といったイメージもあって"飲まず嫌い"の女性も多かった。しかし最近は、フローラルな香りやフルーティな味わいで、女性を惹きつける日本酒も増えている。

   ご当地総研では、そんな新感覚のお酒を、「お酒は不得手派向き」「酒ビギナー派向き」「愛飲家向き」と酒飲レベルに合わせて紹介している。たとえば「不得手派向き」のお酒として、美しい桃色が印象的な岡山・宮下酒造の「純米 桃にごり」をピックアップ。白桃の木から発見された岡山白桃酵母と赤い色素を作る赤色酵母を独自にブレンドして誕生した、これまでにない濁り酒の魅力を伝えている。

   また、島根・都錦酒造のバラのお酒「ロージア」や石川・中村酒造が作る"白ワインのような"日本酒「ルネサンス金沢」など、個性豊かな日本酒を紹介。さらに、春の酒を楽しく演出する「おもてなしのアイデア」も掲載している。

   それぞれの商品はご当地総研のサイトからオンラインで注文できるようになっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中