2018年 7月 17日 (火)

ベンツと世界遺産の意外な共通点は?

印刷
ヤナセ「新世代ディーゼルとドイツ世界遺産展」
ヤナセ「新世代ディーゼルとドイツ世界遺産展」

   ヤナセは2008年4月から5月にかけ、東京都内の2会場で「新世代ディーゼルとドイツ世界遺産展」を開催している。

   最新の環境性能を持つ新世代ディーゼルエンジンを搭載したメルセデス・ベンツ「E320 CDI」に試乗できるとともに、32ヵ所に及ぶドイツ国内のユネスコ世界遺産の写真をみることができる。

   ヤナセでは「ドイツ人の高い環境意識が、燃費や環境性能に優れたクルマの開発や世界遺産を守る意識につながっていることについて、理解を深めてもらうのが狙い」としている。

   会場は、ヤナセ 銀座スクエア(2008年4月1日~13日)とメルセデス・ベンツセンター 東京(5月10日~25日)の2ヵ所。メルセデス・ベンツセンター東京は、休館日が5月12日と19日。入場無料。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中